【錦織圭】2016 錦織圭の挑戦-活躍を振り返る- #錦織圭 #テニス #followme

錦織 ランキングを1つ上げて7位に!!
11日付のATPランキングが発表され、8位→7位に浮上しました。ブリスベン大会で前年より早く、準々決勝で敗退した錦織でしたが、7位のフェレールがカタール大会で初戦敗退したため入れ替わることとなりました。1位N.ジョコビッチ(SRB)16,790pts2位A.マレー(GBR)8,945pts3位R.フェデラー(SUI)8,165pts4位S.ワウリンカ(SUI)6,865pts5位R.ナダル(ESP)5,230pts6位T.ベルディヒ(CZE)4,560pts7位 ↑錦織圭(J..

錦織圭 メンフィスオープン 2016 ドロートーナメント表!獲得賞金!
錦織圭が出場するメンフィスオープン2016についての情報をお届けします。大会経過に伴い記事の更新を行います。

錦織圭はプイユと1回戦 ゲリー・ウェバーOP
【ロンドン共同】男子テニスのゲリー・ウェバー・オープンの主催者は12日までにシングルスの組み合わせを発表し、錦織圭(日清食品)は第2シードに入り、1回戦で …

錦織圭に五輪出場権、シティ・オープン欠場でリオに照準
男子テニス世界ランキング6位の錦織圭が6月10日、リオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した。ITF(国際テニス連盟)から日本テニス協会へ通知があったという。

錦織圭 全豪オープンテニス 2016 ドロートーナメント表大会3日目!注目カードと放送予定
全豪オープンテニス2016大会3日目は2回戦32試合の内の16試合が行われます。錦織圭はもちろんその他の日本人選手と注目シード選手の試合情報をお届けします。

錦織圭 マドリードオープン 2016 ドロートーナメント表!放送予定 出場選手 獲得賞金!
錦織圭が出場するマドリードオープン2016についての情報をお届けします。大会経過に伴い記事の更新を行います。

日本の相手が決定!2016年デビスカップ1回戦はマレー率いる英国!
日本の相手が決定!2016年デビスカップ1回戦はアンディ・マレー率いるイギリスと対戦!先日コロンビアとの激闘を終えたばかりのデビスカップ、チーム・ジャパンですが、すぐさま来年の1回戦の組み合わせ抽選会が行われました。そして、チーム・ジャパンの対戦相手は、今年 決勝進出を決めているイギリスに決定しました!!しかもアウェイです。日時は2016年3月4日、5日、6日の3日間。3/4 シングルス2試合3/5 ダブルス1試合3/6 シングルス2試合の予定となっています。日本の勝算は?1回戦からアンディ・マレーが出てくるかは分かりませんが、いずれにせよ、日本は錦織選手に頼り切るしか勝つ方法がない状態です。錦織選手がマレー戦も含めシングルス2勝!というのがまたも大前提で、残りの3試合でいかに勝利をゲット出来るかが問題です。ただ、イギリスはアンディ・マレー以外のシングルスの選手はそれほど強くはないです。ダブルスにはマレーの実の兄、ジェイミー・マレーというダブルスのスペシャリストがいますから、シングルスで通算3勝を狙うほうが現実的かと思われます。そこで錦織選手の他に誰を起用するか?今回もアウェイでの試合ですので、サーフェスの選択権はイギリスにあります。自分たちの得意なサーフェス、または相手が苦手なサーフェスを選択してくる訳ですが、おそらくグラスコートを選択してくると予想されています。ちょうどツアーではハードコートシーズン中ですので、グラスを選択することはイギリスにもリスクがあると思うのですが、日本の選手は基本的にグラスコートの経験が少ないので、日本にとってはイギリスの選手以上に厳しい戦いになりそうです。今年のプレーオフでシングルスを担ったダニエル太郎選手ですが、彼は練習の拠点をスペインに置いており、クレーは得意ですがグラスは・・・というのが現状です。では、誰が適任か?正直 日本にはグラスコートの適任者はいません。(T_T)松岡修造以来、ウィンブルドンでベスト8に残った選手がいないのがそれを物語っています。ちなみに、2015年のウィンブルドンに出場した選手は以下の通りです。錦織圭、添田豪、杉田祐一、守屋宏紀プレーオフでメンバーだったダニエル太郎、西岡良仁も予選で敗退しています。あと約半年後に行われるデビスカップ ワールドグループ1回戦。果たして日本の救世主となる選手が現れるかどうか?期待したいですね♪デビスカップ 2016 ワールド..

錦織圭 リターンゲーム: 世界に挑む9387日の軌跡
錦織圭 リターンゲーム: 世界に挑む9387日の軌跡
価格:¥ 1,620


ジョコビッチの生まれ変わる食事
ジョコビッチの生まれ変わる食事
価格:¥ 1,512



More from my site

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

気になるアイテム

ページ上部へ戻る